グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

浅田真央さんのイノシシ狩り発言を「ご乱心」と報道するメディア。金の卵を産むガチョウになってくれないことへの腹いせか。

イノシシ狩りのどこが悪い?

浅田真央さんが将来はイノシシ狩りとかして自給自足の生活をしてみたいとの意の発言をされた事が「精神状態が心配」などとの馬鹿げた憶測を生んでいるようだ。

www.hochi.co.jp

狩りガールなんて言葉を持ち出して話したくはないが、動物の命を頂いて、自分で精肉して、自給自足で生活するなんてステキじゃないか。今まで彼女のことには全く興味が無かったけど、この発言でとても好きになった。

メディアの思惑通りの引退生活にならないことへの腹いせか。

恐らくはメディア側から見ると浅田さんのスケーター引退後の身の振り方に不満があるんじゃないかと思う。平昌オリンピックに全く関わらず(ごく自然のことだと思うけど)東京オリンピックに関わるかどうかも不透明。引退後、メディアは金の卵、つまり視聴率や広告塔的価値を産むガチョウになってくれるはずと、取らぬ狸していたら、アッサリ裏切られた形だ。だから「イノシシ狩り」発言を「ご乱心」と騒ぐのだ。

まあ浅田真央さんには悠々自適にしていただくとして、話の流れだ、イノシシ鍋、牡丹鍋にしよう。

ジビエについて

ジビエ・ジビエと言われる前から、いろいろな動物の肉を食べることが大好きだったので、大抵の生き物の命は頂いてきたつもりだ。

競馬をやる人は縁起をかついで馬肉を喰わないというけど、そんなことは気にしない。クジラや鹿、イノシシ、うさぎ、鳩、羊、なんでも来い。まあこの辺まではジビエなんだろうけど、蛇、犬あたりになってくるとゲテモノの域に入るかもしれない。人生の目標の一つに十二支コンプリートというのがあって、残すは猿とネズミ、虎となっている。猿はエボラ出血熱が怖いので躊躇しているんだけど。だって発症して住んでいる街が封鎖されたら迷惑かけるし。ネズミ、虎はどこかでクリアしないといかん。

さあイノシシ鍋・牡丹鍋だ。

余談が過ぎた。さて、イノシシ肉は理想を言えば猟師さんと知り合いになって、罠で獲ったものを分けてもらうのが良いんだが、なかなかそうもいかないので、評価の高い出品者のヤフオクで購入しよう(自己責任)。肉質は好みによるが、脂身が少ないほうが僕は好き。ただ一般的には分厚い脂が甘くて味噌仕立ての鍋に合うので、お好みで。だいたい100グラム300円前後で落札できるはずだ。

散弾の残留にご注意を。

注意点は猟銃で獲ったものからは散弾が肉に残っていることがあるので、ガリッと噛んで歯がかけないように。これも自己責任。ちなみに散弾は食べても鉛中毒の心配はないそうですが、これもやっぱり自己責任。

作り方

さて、入手した肉はおそらく冷凍でしょうから、使う分だけ軽く解凍して、包丁でスライスしよう。あとは昆布・鰹出汁に好きなお味噌と酒を適当に混ぜてベースのスープにする。あとは湯こぼしした肉を入れて煮込むだけだ。イノシシ肉は煮込んでも固くならないので、肉、野菜の順番で大丈夫。

野菜は、これも好みだが、根菜類が相性が良い。でもなんでも美味しい。ただし、ゆずや山椒の香りは欠かしてはいけない。

まあ失敗しない料理なので、適当で大丈夫。アクはたくさん出るからこまめに取ること。

まあざっとこんな具合。浅田真央さんには自分で捌いたイノシシ肉でこんな牡丹鍋を囲炉裏で召し上がっていただきたい限りだ。