グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

夏休み明けに学校に行きたくない 辛い 死にたい 休み明けをどう乗り越えるか?取って置きの裏ワザベスト5

夏休みが終わる・・・学校行きたくない・・・辛い 死にたい・・・

f:id:virgin9090:20170830093711j:image

写真は通りがかった先で上がっていた花火です。花火って夏の終わりを感じさせてくれる儚さが良いですよね。

さて、夏休みもうすぐ終わりますね・・・宿題に追われている学生さんも多いことだと思います。。まあもっとも学生さん以外は夏休みなんてとっくに終わっているんですが・・・

現実逃避したい。でも登校日は確実に確実にやって来る。

9月1日か、来週の月曜日が登校日の学生さんも多いでしょう。特に月曜日は憂鬱ですよね・・・普通の月曜だって死にたくなるのに、夏休み明けの月曜なんて本当に死にたくなるし、辛いですよね。

はい、いつものNEW ORDERのBLUE MONDAYです。

Blue Monday

Blue Monday

  • ニュー・オーダー
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

ミサイルでも落ちないかなあ・・・

時節柄、北朝鮮からミサイルでも飛んでこないかと夢想してしまいますね。地震でも火事でも天変地異でも学校が休校になるのであれば何が起こっても良いと思ってしまう気持ちはよーく分かります。

でもですね・・・そんなカタストロフィを期待しちゃダメです。自分だって死ぬかもしれないんですから。だから残念ながら諦めて夏休み明けは学校に行くしか無いのです。
仕方ないんです。人の定めです。でも、初日の辛さを和らげる方法はいくつかあります。

それは・・・

以下のリンクから無料メルマガに登録すると、限定100億名様に夏休み明けの乗り越え方裏技ベスト5をお教えします!

まあ普段はメルマガ登録が必須なのですが、今回は特別に無条件で裏ワザBEST5をお教えしましょう(内緒ですよ)。さあ以下の通りです。(あくまで個人の学生時代の感想です。)

  1. 前日に嫌でも学校のそばまで行く。事前に心と身体を慣らしておきましょう。
  2. 学校で会いたい異性のことを考える。
  3. 登校日以降に楽しい予定を入れる。
  4. 前日の夜にベッドに入って「このまま目が覚めなくてもいいのか?」と考える。少しでも翌日に目が覚めたいと心によぎったら大丈夫。
  5. 退学処分になったら就職とかどうするのと考える。→ 行くしか無いでしょ?

全部気休めですが、結局こういう悩みは気休めでしか緩和しないんです。

最初の登校日さえクリアすればもう大丈夫。

そして、最初の登校日さえやり過ごせば、なんといつもの日常がが翌日からやってきます。誰にでも平等にやって来ます。こうなったらもう大丈夫です。

偉そうに言いますが、社会人のほうが辛いです・・・

学生時代は悩みは尽きないし、実際夏休み明けの若者の自殺は以下の通り夏休み後に多いのだそうです。

www.asahi.com

でもねえ・・・社会人のほうが辛いですよ・・・いや、個々人によるか・・・ともかくあまり悩まず何とか初日を乗り越えることが大切。それが無理そうだったら休んじゃえば良いんです。

くれぐれも真面目に考えすぎないほうが良いと思います。人生まだまだ長いんですからね。