グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

広島のCS敗退 ペナントレースの意義は?ルールはファンの気持ちを汲んで調整を

横浜DeNAベイスターズ、チャンピオンシップシリーズを制しましたね、おめでとうございます。ペナントレース3位、実に14.5ゲーム差だったところからの下克上。勢いの付いたチームは強いですね。是非ソフトバンクを倒してほしいと思います。

しかし広島ファンにとっては何とも後味の悪い結果になってしまいました。今年こそ日本一を目指して臨んでいたのに。勝負事なので止む無しですが、来年の再チャレンジを期待します。

ペナントレース優勝の意義とは?

2位以下に圧倒的なゲーム差をつけての優勝も僅差の優勝もCSに行ったらチャラになってアドバンテージの1勝だけがご褒美です。チャレンジャーは4勝、リーグ優勝チームは3勝で優勝。一年弱を戦って優勝したメリットが1勝だけってのは若干ペナントレース優勝の価値を軽視している印象を受けます。見方を変えればシーズン最後に調子を上げて3位以内に入ったチームが日本シリーズに進む可能性が高いわけです。個人的にはゲーム差に応じてアドバンテージの勝ち数を調整すべきだと思います。

CS制でペナント優勝決定後の消化試合が減ったのは良いこと?

CS制が出来て良かったことは、一般的にはペナントレース優勝チームが決まった後のダラダラとした無為な消化試合が減ったことです。加えて興行的にも最後まで動員を見込めるので球団経営にはプラスになることでしょう。

確かにそうなんですけど、長くプロ野球を見てきたオールドファンとしては、その消化試合にも見所がありました。

新人を試したり、ホームラン王争いで敬遠合戦になって物議を醸したり、打率維持のために試合に出なかったりなどは昔のプロ野球の風物詩でした。それはそれで緊迫感のある2位、3位争いとは違った魅力があったと思います。どっちが良いかというと本来の「闘い」と言うか視点から見ると現行のCS制が良いと思いますが。

CSのルールは常に見直して必要であれば微調整を。

CSを続けるのであればルールを常に見直してファンと球団、選手が納得できるようにするべきですよね。元に戻すのだって選択肢の1つです。先にも書きましたが、個人的には最後まで盛り上がる現行制度が良いと思います。もちろん自分だって応援するチームがペナントで優勝してCSで敗退したら納得がいかないと思いますが、逆に下克上したら嬉しいわけですから行って来いなのです。

さて、気持ちを切り替えて日本シリーズです。やっぱり日本人は判官贔屓ですからベイスターズを応援してしまいますね。人気のセ、実力のパ、を覆す活躍を期待しています。