グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

高校野球が終わった後にプロ野球を見て感じること

f:id:virgin9090:20170827121112j:image

甲子園の高校野球が終わって毎年感じることがあります。プロ野球と見比べた時の試合時のテンションの差です。

毎試合必勝が条件の緊迫感が高校野球の醍醐味。

甲子園で優勝するには言うまでもなく地方予選から一回も負けず全勝しないといけません(不祥事などでの繰り上げは除く)。勝ち抜き戦トーナメントなのですから、毎試合必勝が優勝条件。常に「絶対に負けられない戦い」です。一方プロ野球は年間を通じての勝負ですから、投手のローテーションの谷間の試合だってあります。テレビやラジオはプロ野球を毎試合毎試合「今日は絶対負けられない」などと言いますが、そんな訳ありません。勝負事はすべからず勝った方が良いに決まってますが、毎試合勝てない以上、選手を休ませる捨て試合だってあるでしょう。

夏の甲子園が終わった直後にプロ野球を観ると、どうしても高校野球が一生懸命でピュア、プロ野球がダラけてると感じます。長期戦なので、今日負けても明日があるプロ野球と一発勝負の高校野球、そりゃ仕方がないですよね。

プロ野球は当然ですがレベルが違う。

ただし野球に感動やドラマ、涙を求める向きにはそうなんですが、選手の技量の違いという意味では高校野球を観た後にプロ野球と比較すると、やっぱりすごいと思います。ピッチャーで言うと一球一球のボールの質が全然違います(当然ですが)。高校野球の投球なんてプロ相手だったらホームランボールばっかりです。

高校生はプロをお手本に、プロは高校野球を観て初心を思い出して欲しい。

よく夏のプロ野球中継でバントを失敗した選手に解説者が「高校野球を見習ったほうがいい」などと言いますが、なんか分かります。初心忘れるべからずで、プロ野球の選手も高校野球を観てピュアな気持ちを思い出しているのでしょうか。そうだといいなと思います。逆に高校生はプロをお手本にどんどん技術を磨いて欲しいと思います。

高校野球の最近の打高投低のトレンドはちょっと心配。

そんなタイプの違うプロ野球と高校野球ですが、高校野球の最近の打高投低のトレンドはちょっと心配です。観ている方にとっては点がたくさん入ったほうが面白いとも言えますが、緊迫した投手戦や1点を争って繰り広げられる細かい野球が減って、大味なものばかりになったとしたら、ちょっと魅力半減です。僅差を守り抜くような試合が増えて欲しいと思います。

 

読み返すと何だか偉そうな内容だなあ。。。キャッチボールやハンドベースくらいしか出来ないのに何をか言わんやですね。