グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

お笑い芸人のアニサキス中毒ネタによる準風評被害拡散 美味しいシメサバを食べるのならリスクを知った上で。

お笑い芸人のアニサキス中毒ネタによる準風評被害

戦車が怖くて赤いきつねが食えるか!?って武田鉄矢さんのCMが大昔にありましたよね。

いや、戦車は怖いから赤いきつねは食べられなくても仕方ないですが、今時の人はアニサキスが怖くてシメサバが食べられないんだそうです。なんて情けない。戦車に轢かれたら死ぬのは確実ですが、アニサキスで死ぬことはまずありません(ゼロではありません)。と言うかシメサバを食べる時点でリスクなんですから、何を今更です。昨日今日始まった話わけではありません。

news.nifty.com

お笑いタレントはすべからず嫌いなんですが、渡辺直美さんや「品川庄司」の庄司智春さんがアニサキスを患って、と言うかネタにして拡散。準風評被害を巻き起こしています。鮮魚業界や寿司屋さんへの営業妨害と言っても言い過ぎではないと思います。

食に関して消費者に過保護すぎ

生肉や生魚を食べる時点でそもそもリスクなんです。安全だけ追求するなら全部火を入れれば良いのです。

最近は食に関して消費者を過保護に扱いすぎではないでしょうか。レバ刺しは禁止になりましたけど、なぜこれまで普通に食べてきたものをたった何件かの食中毒死で全面的にNGにするのか理解できません。衛生管理基準を厳しくすれば良いでしょうに。ノイジーマイノリティの声だけ聞いてミスコンを中止にする様なものです。

それを言うなら毎年必ず事故が起きるお餅なんて、年齢制限を設けるべきです。圧倒的に年寄りが喉に詰まらせるんですから。でもお餅は「伝統」があるから規制されませんよね。

食の規制は文化や歴史的背景とリスクとのトレードオフ

そこなんです。食の規制は文化や歴史的背景とリスクとのトレードオフなんです。リスクだけ考えれば前述のお餅は規制対象ですし、河豚やシメサバ、レバ刺しだってダメでしょう。でもそれでは影響が大きすぎるので、良い具合に規制するんです。レバ刺しは十分歴史的背景あると思いますけどね。

話は戻りますが、アニサキスなんて大昔からいる寄生虫です。昨今の流通の進歩で新鮮なサバが入手できる様になり、その結果、サバを冷凍せずにシメサバを作る様になってアニサキス中毒が増えただけでしょう。

美味しいシメサバを食べたいならアニサキスのリスクを考え、仮に中毒になっても自己責任なんだから騒ぎ立てないで欲しいです。安全シメサバを食べたいなら冷凍してからのものを食べれば良いんです。

シメサバ食べてアニサキスをネタにして恥ずかしくないんですかね。。。

絵でわかる食中毒の知識 (KS絵でわかるシリーズ)

絵でわかる食中毒の知識 (KS絵でわかるシリーズ)