グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

ジャパンカップ圧勝の3歳牝馬アーモンドアイが浮かび上がらせた日本のガラパゴス高速馬場。海外の有力馬のJC参戦減少に拍車?

平成最後の怪物ホース、アーモンドアイ。異次元のパフォーマンス。

p.nikkansports.com

アーモンドアイが2018年11月25日、平成最後のジャパンカップで異次元の走りを見せて3歳牝馬にして優勝。名手ルメールをして「今まで乗った日本の馬で一番強い」と言わしめた怪物ホースのパフォーマンスには、ただただ驚くしかありませんでした。


【競馬レース結果】ジャパンカップ 強い!アーモンドアイ 2分20秒6国内最強レコード

芝の2,400メートルの走破タイムが2.20.6って、どれだけすごいかって言うと、ネット上では100メートル走で9.4秒を出したって感じって言われていますが、まあ大げさじゃなくそう思います。これまでのレコードを1.5秒短縮って、最初計測ミスかと思ったくらいです。

もう海外の有力馬はJCに来ないんじゃ?

ジャパンカップは国際競争で、今回も海外からの参戦が2頭いましたけど、こんな速いタイムが出る馬場は海外には無いので、歯が立つはずもありません。これは能力的に強い弱いとは違って、日本の馬場への適性の問題。アーモンドアイが次走とも噂されているフランスの凱旋門賞に通用するかは、時計の出ない馬場での強さ、具体的には雨や雪など重馬場でのレースを見てみないと何とも言えないと思います。

ただ、日本の競馬史上最強の馬の1頭であるのは間違いないでしょう。これまで自分はサイレンススズカかディープインパクトが最強と思っていましたが、アーモンドアイはひょっとしたらこの2頭以上の馬かもしれません。だってレース後の落ち着きっぷり、まだまだ全力を出し切っていないんじゃないの?って感じさせるほど落ち着き払っています。息も全然上がってないし、発汗もありません。

ただ喜んでばかりでもいられません。世界の競馬ではタイムの速さよりタフネスさが重視されます。芝の高速決着を重視するのは日本くらいです。そして時計が速い=馬場が固い=馬の足に負担がかかる=故障に繋がる、ということなので、ジャパンカップにこれから海外の有力馬が参戦してくれるかどうか心配です。藤田伸二元騎手もTWITTERで懸念を表明しています。

そのくらいインパクトのあるタイムを叩き出したアーモンドアイは本当にすごいの一言なのですが、時計が出すぎる馬場は日本の競馬のガラパゴス化を促進してしまうと思います。ゴルフに例えると日本のバーディーが出過ぎるゴルフ場のようなもので、そういう簡単なコースでいくら良い成績を出しても、厳しい自然と戦う全英オープンには通用しません。そんな感じです。

アーモンドアイの次走は?

有馬記念は当然パスでしょう。国際的評価に繋がらないレースですし、ローテーションもキツイし距離も2,500と長い。ジャパンカップで負けた他の有力馬にとっては朗報かもしれませんが・・・

有馬記念にジャパンカップ2着のキセキと3着のスワーブリチャードが出てくれば、どちらかが一番人気になるでしょうね。5番人気くらいに全然違う意味での平成最後の怪物スターホースであるオジュウチョウサンでしょうか、もし出てくればの話ですが。

www.goodinfo.site

凱旋門賞で勝っても負けても引退。牡馬なら今引退でも不思議じゃない。

アーモンドアイは凱旋門賞を視野に入れて、恐らく来年4月の大阪杯(阪神2,000)あたりに出てくるのでしょう。そして凱旋門賞でもし勝ったら引退。もっとも負けても引退でしょうね。今更日本のG1勝ってもしょうがないですし。アーモンドアイが牡馬だったら、種牡馬入を優先させて、ジャパンカップ優勝の時点で引退していたかもしれませんね。

興行としては最高のジャパンカップでしたし、JRAも平成最後に超A級スターホースが登場して大ハッピーだと思います。ただ何度も言いますけど、日本の競馬の将来に一抹の不安を投げかける走破時計だったんじゃないかなって思いました。

馬券はどうだったかって?キセキ頭固定だったので惨敗でした~