グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

つい間違って押しちゃうクリック課金型広告 でも本当に広告内容に興味を持ってクリックしますか?ズルイ広告のパターン 忍者型 サンドイッチ型

突然ですが、オンラインコンテンツから収益を上げるために設置する広告にはザックリ以下3つのタイプがあると思います。(超基本的な話なので、ご存知の方にはウルトラ釈迦に説法なので、すっ飛ばしちゃって下さいね。)

  1. クリック課金型広告(クリックされると収益が発生)
  2. インプレッション保証型広告(表示回数に応じて収益が発生)
  3. アフィリエイト(商品購入や会員登録、資料請求などアクション【コンバージョン】が発生すると収益が発生)
できる100ワザ Google AdSense 必ず結果が出る新・ネット広告運用術

できる100ワザ Google AdSense 必ず結果が出る新・ネット広告運用術

  • 作者: 染谷昌利,できるシリーズ編集部
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2014/09/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

他にももちろんありますが、一般的にはまあこんなところだと思います。2,3は凄く納得なのですが、問題は1のクリック課金型広告です。みなさま、実際に広告の内容に興味を持って意思を持ってクリックした事ってありますか?

広告を「なにこれ?!」って思ってクリックしますか?

僕は。。。もちろんあります。ありますけど本当にごく稀です。恐らくブログを運営してアドセンス等の広告を貼られている方も同様なのではないでしょうか。だって興味ない広告をクリックするのは嫌ですし、そもそもページから離脱してしまいます。

僕が広告をクリックするパターンを挙げてみると。

  1. 本当に広告内容に興味を持った場合
  2. 広告が貼ってあるサイトへの御礼的意味合いでクリック つまりお賽銭クリック
  3. 間違ってクリック

この3つです。ぶっちゃけ一番多いのが3ですね。。。皆様ももしかしたらそうなんじゃ。。。

ズルいバナーその1忍者型フッターバナー

薄っすらスマホの中下段あたりに表示されて、だんだん濃くなってゆっくり下へと降りて行くフッターバナー。これ間違ってよく押しちゃいます。だって薄っすら表示の時に続きを見るリンクを押そうとすると踏んじゃうんですから。これは本当に詐欺みたいです。徐々に状態を表すので「忍者型」と勝手に名付けましたがブービートラップ地雷型でもありますね。

サンドイッチ型広告設置パターン

記事の続きを見るボタンが広告バナーに上下サンドイッチの様に挟まれていたりする場合も間違って押しちゃいます。

以下の北朝鮮ニュースサイトはとても好きなんですが、広告の配置と言う観点から見ると、ちょっとエゲツないなあと思います。上記の2パターンが組み込まれているのです。ページめくりするのに大変ストレスです。内容的にはとても良いサイトなのに残念です。

dailynk.jp

クリック課金型広告のクオリティを保つためにも広告の配置や質をチェックする第三者機関が必要。

間違っておしちゃったとか、お賽銭感覚クリックでは広告の意味がありません。砂漠に水を撒く様なレガシー広告と違って、数値で効果測定できるオンライン広告だけに、厳しいチェックが必要だと思います。

とりあえず忍者型バナーとサンドイッチ型の広告配置は何とかして欲しいですね。