グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

北朝鮮に2年半拘束された韓国系カナダ人牧師のヒョンス・リムさんが解放「一人きりの食事を2757回した」って2757って1日3食?3で割って日数にするとぴったり919日!

f:id:virgin9090:20170704150506p:plain

北朝鮮で2015年に拘束された韓国系カナダ人牧師のヒョンス・リムさんが解放されました。

www.afpbb.com

北朝鮮で2年半服役し、先日氏の解放を目指して平壌を訪れたカナダ政府の特使が交渉した結果、医療上の理由で仮釈放されたのだそうです。まあ金と交換でしょうね。あくまで仮釈放であって無罪になったわけではないのが非常に「らしい」です。ちなみに罪状は「国家転覆」でした。無期労働教化刑(無期懲役と同等)の判決を受け2015年1月から北朝鮮で服役していたとのこと。とは言えヒョンス・リムさん、結構お元気そうで、同じような罪状で解放後すぐ亡くなられたアメリカ人の大学生オットーワームビアさんとは扱いがかなり違います。 

www.goodinfo.site

毎日3食 拷問無し。強制労働アリ。

毎日三食付いて、強制労働はあったものの、拷問とかは無かったようですし。やっぱり同じ朝鮮系だから?

まあ基本的には良いことで何よりなのですが、気になったのは同氏の以下の発言です。記事より引用します。

「拘束された日から解放されるまで、一人きりの食事を2757回した。いつ、どのようにしてこの厳しい試練が終わるのかを見通すのは難しかった」

2757回・・・わかりやすい後付け・・・

2757回。。。非常にわかりやすい後付けです。服役期間が2年半と言うことは、
365(1年)+365(1年)+189(約半年)で919日となります。それに3を掛けるとあら不思議、919x3=2757。。。ピッタリです。

2年半1食も欠かさず1日3回食事をするって普通に日常生活をしていたってあり得ませんよね。拘束されているのに体調不良とかストレスで食べられないこともない?超規則正しい生活ですね・・・

いや、孤独の食事を2年半・・・辛いと思いますよ。思うんですけど、こうわかりやすい薄っぺらい数字を出されると何だか色々勘ぐってしまいます。被害者であることをそんなに強調したいのかな?とか・・・日付換算せずに、普通に「2年半の孤独の食事は辛かった」で良いじゃないですか。

2757・・・僕が思いつくくらいですからこの数字の裏に気がついている人、世界に多いと思います。牧師さんってことですが、本当にタダの牧師さんなのかと疑ってしまう僕は心が汚れているんでしょうね。。。。