グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

平成ってこうやって終わって行くんだなあ・・・麻原彰晃死刑執行で思うこと。

平成ってこうやって終わって行くんだなあ。

そう感じた麻原彰晃らオウム真理教幹部の死刑執行でした。

インターネットやスマホ、ましてやSNSや携帯でさえ無い(ネットやガラケーは辛うじてあったけど、普及してたとは言えない)時代から今日まで色々な事件があったけど、地下鉄サリン事件を含む一連のオウム真理教事件、911アメリカ同時多発テロ事件、そして東日本大地震の3つは、時代の流れや価値観を大きく変えた歴史的出来事だったと思います。

変な言い方ですけど、このような大事件を目の当たりにできたのは良かったと思います。もちろんこんなの起きないことに越したことはありません。でも自分は口伝でしか戦争を知らないので、社会が大混乱する事象ってこう言うのしか無いんですよね。そしてどれを比較しても戦争の悲惨さには及ぶべきも無いと思います。だから大勢の命が失われる戦争は絶対に起こしてはいけないとの思いがより強くなりました。そのためにも憲法は変えないといけないし、自分の国は自分で守らなけらばいけないと言うことです。

オウム真理教事件の死刑囚はあと6人 執行はいつ?

おさらいですが、今回死刑執行された7人は以下の通りです。

【東京】 麻原彰晃(63) 遠藤誠一(58) 土谷正実(53)

【大阪】井上嘉浩(48)新実智光(54) 【福岡】早川紀代秀(68)

【広島】中川智正(55)

そして残り6人は以下の通り。

【東京】豊田亨、端本悟、広瀬健一

【名古屋】岡崎一明、横山真人

【仙台】林泰男

平成の忌み深い負の遺産はさっさと清算して縁起良く新しい天皇陛下と元号をお迎えするべきなので、年内と言わず粛々と残りの6人も執行してほしいものです。麻原彰晃を始め7人の死刑が執行されたことは、どのみち支援者から残りの死刑囚伝わっているでしょうから、中途半端に引き伸ばして不安な日々を過ごさせるのは良くありません。決して彼らを気遣っている訳ではなく万一自殺や病死とかされては被害者の方々が浮かばれないと思うからです。人道的批判?そんなの犬か日弁連かEUにでも食わせておけ、です。テロリストは裁判設けさせずにその場で射殺な国々に死刑をどうこう言う資格はありません。

eeas.europa.eu

日本では圧倒的に死刑が支持されているのにこいつら何考えてるんでしょうね。弁護士全員が死刑反対みたいに思われるけど、そもそも弁護士が日弁連にマストで加入しないといけないこと自体がおかしな話です。政治的に偏った思想を全弁護士に強制してるって、それ自体が訴訟対象でもおかしくないんじゃないですか?

日本弁護士連合会│Japan Federation of Bar Associations:死刑執行に強く抗議し、直ちに死刑執行を停止し、2020年までに死刑制度の廃止を目指すことを求める会長声明

ともかく通常は、残った死刑囚の動揺や自殺を防ぐために、共犯関係にある死刑囚は同日執行が基本だそうですが、今回さすがに13人を一度には無理だったのでしょう。設備の問題もあるのかもですし、執行する側の担当者のストレスだって大変な訳ですから。だから恐らく週明けから来週金曜までのどこかで執り行われるのだと思います。

あと心配なのは麻原彰晃の神格化ですね。遺体を引き取った人が正統な後継者と見て間違い無いと思います。これについては動きがありそうなのでまた次回に。