グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

金正恩氏が習主席と会談!巧みな外交に翻弄される中国・アメリカ。日本は蚊帳の外。北朝鮮の政治家が文字通り命がけで仕事をするからか。その本気度を日本の政治家は見習うべき。

北朝鮮の巧みな外交、見習うべき。

北朝鮮外交の上手さは本当に見習うべきだと思います。

www.bloomberg.co.jp

アメリカとの会談を前にして習主席と電撃会談。以下上記記事よりの引用です。

「韓国と米国がわれわれの努力に善意で応じ、和平の実現に向け段階的かつ同調した措置を講じつつ和平と安定の雰囲気を醸成するなら、朝鮮半島の非核化の問題は解決可能だ」と発言した。

時間稼ぎのためなら何でもするわけですね。確かに口先だけで時間が稼げて経済制裁が緩む可能性があれば安いものです。コストも一切かかりませんし。

f:id:virgin9090:20180328145518p:image

核兵器とICBM、そして韓国を火の海にできる国境沿いの軍備。これだけしか交渉手段が無いのにも関わらず、オリンピックにかこつけて韓国を巧みに利用し、世界の大国、アメリカ・中国を翻弄。そして日本を無視・・・食料も資源も何もないのにこれだけの立ち回りができるのは金正恩さんだけではなく、周囲の重鎮にも切れ者がいるのでしょうね。日本も見習うべきところがあるはずです。

ちなみに以下の動画、金正恩さんが権力を握るまでの流れが非常によくまとまっているのでおすすめです。

最高指導者に就任して以来6年間で340人もの粛清が行われても、なぜ人材が枯れないのか?

しかし疑問なのはあれだけ粛清を続けてるにもかかわらず、人材が枯れないこと。金正恩さんが最高指導者に就任して以来6年間で340人もの粛清が行われたそうです。軍幹部や叔父までも手にかける冷徹な独裁者ぶり・・・そんな状況でよく次から次へと後任が出てくるものです。人間一念発起すれば何でもできるということなのでしょうか。あるいは仕事ぶりの評価に比喩ではなく本当に命がかかっているから、本当に命がけで仕事をするからか・・・

確かに誰だって家族や一族郎党を人質に取られていたら死ぬ気で働くでしょう。でも、失敗すれば死が待っていて、功績を上げて出世したら出世したで粛清される可能性が増す。死に向かっての終わりのない仕事みたいなものなのかもしれませんね。日本の場合、政治家や秘書が秘密を守るためなのか分かりませんが、よく自殺をしますけど、北朝鮮の場合、自殺する前に殺されちゃんだから、恐ろしいことこの上ない。

日本の政治家は命がけの北朝鮮の政治家の仕事ぶりを見習うべき。

ココ最近のもりかけ空転国会を見ていると、日本の政治家、特に野党の政治家には北朝鮮の政治家の命をかけた本気を見習ってほしいと思います。北朝鮮政治家は失敗すれば本当に死が待っているのです。そこまで極端でなくても良いですが、国民の命を預かっているくらいの緊張感は持ってほしいものです。少なくとも野党議員さんからは、そうした気概、全く伝わってこないですね・・・

北朝鮮の政治家が今の日本の国会だけを見たら「日本の政治家も選挙で選んだ国民もバカじゃ無いの?我が国の政治家の方がだんぜんゆうしゅだ」って思うはず。だって予算会議で予算の話をせず、証拠も何も無い悪魔の証明を求める魔女狩り裁判が1年以上も続いてるんですよ。

北朝鮮と中国の会談の内容は?

まあ経済制裁の抜け穴確認じゃないんですかね。結局中国も北朝鮮も人権のない独裁国家、赤組の仲間です。根本的にはアメリカと理解し合えるはずがありません。北朝鮮のケツ持ちはやっぱり中国。舎弟が不義理を働いていた親父に詫びを入れて手打ち、みたいなセッションだったに違いありません。

更なる時間稼ぎに成功してミサイル開発の最終局面は目前。方や本来一番脅威を感じべき日本は野党の足の引っ張りで政権運営停止状態。全く言葉も出ませんね。やっぱり一度ミサイルが落ちた方が良いのかもしれません。