グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

自民党圧勝!希望の党は惨敗!敗因は排除発言が致命的 小池さんの責任問題は?都知事もリコールか?そして驚きのパリ逃亡

自民党圧勝 大勝利!有権者の鉄槌が不誠実な政治家に下された!

台風接近で投票率が下がり、自民党への無党派層の票が減らないかとか、万万が一「今回だけは希望の党に任せてみようか」ノリの有権者が大量発生して、民主党の政権交代の時のバッドエンドルートを辿る悪夢などを危惧してきましたが、全くの杞憂に終わりましたね。有権者はもう騙されません。口だけトリックスターの小池さんが作り出すパイプに打ち勝ちました。もちろん此の期に及んでもまだ「もりかけ」言ってるメディアにもです。

Don't Believe the Hype

Don't Believe the Hype

  • PUBLIC ENEMY
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

枝野さんは上手く立ち回った。

しかし全く支持しませんが、枝野さんの立憲民主党は上手くやりましたね。筋を通した風の演出が功を奏して漁夫の利ゲット。本当は全然筋なんて通してないんですが、日本人はこういう浪花節が大好きですからね。判官贔屓で小池さんに嫌悪感を抱いた有権者の同情を得だ結果になりました。小池さんの失策のお陰で棚からぼたもちでしたね。

希望の党は。。。お通夜。。。

しかし小池都知事のパリ逃亡には驚かされました。選挙当日に党首が日本にいないって。。。しかも超大型台風が上陸する前夜です。選挙と関係なく都知事として都民の安全に万全を期すために国内に止まるべきでしょう。都知事としても党首としても不適任です。

まあともかく筋を通さず当選したいだけの理由で政治信条をコロリと転換し鞍替えした、有権者を愚弄する希望の党の候補者が続々と落選して良かったです。因果応報ですね。落選候補者がお通夜状態で恨み節を唱えているのを見ると痛快ウキウキ通りです。

痛快ウキウキ通り(Originally Performed by 小沢健二)

痛快ウキウキ通り(Originally Performed by 小沢健二)

  • NEW ROMAN TRIO
  • ジャズ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

今後の注目点は?安倍政権の継続と小池さんの責任問題。

選挙結果の詳細は以下をご覧いただくとして、

www.nhk.or.jp

今後注目したい点が2つあります。1つは安倍政権の継続、そしてもう1つは小池さんの責任の取り方です。

安倍政権はこれだけの圧勝なのですから継続は確実でしょう。何の心配もありません。そもそも自民党は支持するけど安倍さんが嫌いって何なんでしょうね?

問題は小池さんです。今後色々追及されるのは間違いないですね。いくつか大きな責任追及ポイントがあります。

排除発言と踏み絵問題。

小池さんの政治家人生で最大の失言『民進党の方々を全員受け入れる気持ちはさらさらない』&にっこり笑って『排除します』。この排除発言以降潮目がガラリと変わりました。またそれに追い打ちをかけるような民主党鞍替え組に対して、政治信条を曲げさせる踏み絵を強要。この合わせ技が有権者の目には傲慢と映ったのでしょう。当然ですけど、それほど小池さんは有権者をバカにしてたってことですよね。しかもこれがキッカケで立憲民主党が出来て、漁夫の利で野党第一党になった訳ですから、自爆も自爆。希望の党、1番の敗因と言えるでしょう。当然責任を問われます。

小池さんの不出馬。

誰もが小池さんが最後の最後に後出しジャンケンで立候補を表明すると思っていました。希望の党の候補者だってそうでしょう。だって政権奪取を目指すと宣言しておいて立候補しないって矛盾してます。国会議員でないと首相にはなれないのですから。良いか悪いかはともかく(悪いか)希望の党の候補者は小池さんの勝ち馬に乗るべく立候補しているのですから、小池さんが不出馬って、ハシゴを外された以外の何物でもありません。これも責任問題でしょう。

首班指名をしなかった事。

小池さんはとうとう最後まで首相候補の名前を挙げませんでした。これもどうかしています。

以前も書きましたが、万万が一、希望の党が過半数を取って政権与党になったら誰を総理大臣にするつもりだったのでしょうか。

www.goodinfo.site

希望の党が党内で代表選挙をするでしょうか?多分しませんよね。つまり小池さんの一存で総理大臣のみならず、閣僚のほとんどが決まるんです。表向きは「みんなで話し合って」などと言うのでしょうが、代表選が無ければそんなまやかしは通じません。小池さんの独裁内閣が完成していたかもしれないのです。

小池ファシズムが現実にならなくて本当に良かった。

これ程のファシズム聞いたことがありません。21世紀の日本国が国会議員でもない単なる一都知事による傀儡政権になっていたかもしれないのですよ。空恐ろしくて寒気が本当にしてきます。国会で答弁しない人が政権を動かす独裁者。だから首相候補を言えなかったんです。自分が立候補していれば別ですが、不出馬を表明した後に首相候補を希望の党の中から名指ししたら、当然非難轟々です。「国会議員でもないのにあんた勝手に決めんのか?」と。

そして極め付けのパリ逃亡。

繰り返しますが、選挙当日に党首が不在。惨敗記者会見でテレビに晒されるのが嫌だったのでしょうが、党首不在では希望の党に投票しようかどうか迷っていた有権者は敬遠するに決まってます。これも責任問題かと。

希望の党は都民ファのスピンオフ だから代表をすぐ降りるでしょう。

政権を取れない上に惨敗なら希望の党の代表にとどまるメリットは無いですから、耳障りの良い負け惜しみを言って代表を降りるでしょう。ご自身が批判されて説明責任を果たすってのが一番お嫌いでしょうから。人様には遠慮なく要求するくせにね。

次は都知事リコールか?

都政を投げ出して出戻ってきた小池知事を都民は許すでしょうか。僕は許せません。もう何を言っても信用されないでしょう。リコールされて職を失えば、もう都政には戻って来れないでしょうから政治生命は絶たれます。都知事を続けられても次は無いでしょうし、国政進出にリベンジなんて夢のまた夢。

悪い芽が摘まれて本当に良かったです。